2018年04月25日

アポロくんです!


2年前にレスキューしたアポロの里親さんから嬉しいアポロ便りが届きました。

長毛でグレーのコートは絶対イケニャンになると確信しておりましたが、こ〜〜んなにもカッコいいニャンコになるとは! びっくりです♪

612-1-thumbnail2.jpg
こんなに小さかったアポロ・・・・



では、アポロのママからのお便りです



大変ご無沙汰しております。
お元気でしたか?
私達も変わらず元気にわちゃわちゃしてます!

IMG_5836.jpg

去年は主人が北見へ単身赴任を命ぜられ、春には娘が沖縄へ、残るは息子と私だけ(人間)。
そんな息子も来春には大学を卒業しておそらく家を出て行く事になると思います。
私とワンコとネコ5匹です。
私が病気したら…とちょっと心配だったので、アンさんにペットシッターの事を聞いてみたりしました。
多分病気しないと思いますが…。

IMG_5837.jpg

そしてアンさんに写真送ってあげて〜と言われ、ハッと思いさっそく送らせていただきます。
アンさんにアポロの体重を聞かれて、測ってない事に気づきこれもさっそく測ってみましたら、4.6キロでした。
あまり食いしん坊じゃないので細身です。
相変わらず甘えん坊できかん坊です。

IMG_2393.jpg

あと、去年の11月にもう1匹ネコ🐱が増えました。
家の物置の前に居てカラス2〜3羽に狙われていたそうで、向かいの奧さんが教えてくれました。
危なかったです。2ヶ月くらいの黒い女の子です。
下のネコ鍋風な写真のアポロの後ろにいる子です。

P_20180111_161937_vHDR_On.JPG

それでは、またどこかの機会で写真送りますね!
皆さんお元気で…。



いや〜〜〜〜アポロは人気者で希望者がとても多かったんですよね。ただ、レスキューした時はなんだかボロボロでコクシもいたりしてわやでした(汗)。それが今ではもう、なんというか、素晴らしいです!ありがとうございます。こちらまで幸せをもらいました♪


IMG_2634.jpg

よろしくな! (by APOLO)




.
posted by 月じじ at 23:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月21日

しゃべくり というCDのお話


先日、写真展をやった「集い処 えん」さんのご主人が中村文昭さんという方のCDを貸してくれまして、ぜひ聞きなさい!と。実は、お借りしたのは写真展の前でしたが、終わって落ち着いてようやくそのCDを聞きました。


最近、みんなの位置が変化してます
IMG_5768.jpg



あのね、
「出来ない理由を言わない」
ということをお話しておりましてね。そのCD.「しゃべくり その壱・弐」というタイトルです。
思えば自分は今の今までずっと出来ない理由を語ってきたなぁ〜っと気がついたのです。

・お金がないから
・あの人がしてくれないから
・学校が悪い、親が悪い、友達が悪い
・社会が悪いから・・・


子供が、妻が、友達が、、、って、出来ないのは自分のせいでなくて周りのせい。
なんて自分勝手な理屈でしょう。言い訳の名人とまで言われてましたからね♪
で、聞いていたらもうどんなことも言い訳できなくなってましたよ。はははは。


なんとなくまわりにみんな集まっていますよ
IMG_5783.jpg



「でも」を「こそ」に変えるんだよ!ともお話しておりました。
でもお金がないから〜』というのを、
『お金がないからこそ!』ってね。

「こそ」って言い換えると、お金がないからこそできることって何だろう?っていう冷静な判断ができるようになり、できない理由を並べるよりもできることを考えるようになりますね。
「でも〜時間がないから〜」は、「時間がないからこそ!」何ができるか見つけよう!って。
そうするとなにもかにもが自分を応援してくれてるみたいに感じてね。元気が出て来ました。



ほかにもとてもシンプルで重要なキーワードがいくつかあるのですが、ご本人も語っておりましたが、別に人生訓話でも啓蒙とか教育とかではありません。関西弁で愉快なしゃべくりです。そのおしゃべりが面白くて聞き入っているうちにそういう「ハッ」と気がつく言葉が耳に入ってくるのです。聞きたくない人はCDを止めちゃってくださいね♪と言いながらおしゃべりは続きます(笑)


人はいくつになって学べるもんなんだな〜、と。

ケンヤさん、ありがと〜♪
目からウロコやらおツユやら目ヤニやらいろんなものが落ちました。



ポッチが特等席にいます
IMG_5733.jpg


今、お弁当屋さんで宅配のアルバイトをしていまして、ちょっと前まではなんとなく気が重い日もあったのですが、「今、自分はなんのためにこの仕事(勉強)をしているのか?」を明確に見極めるとア〜ラ不思議♪ お弁当の配達が楽しくなってきたのです。

「なんのために」
自分はキタラでコンサートをやる!という目標があります。
だから、キタラでコンサートをやるために今、お弁当を配達しているんだ!って考えるとワクワクしてくるんですね。まぁ、人によるのかもしれません。どんなことも「ははは、信じやすくて単純だね〜」と冷ややかに斜めに見る人も大勢いるでしょう。けどもう気にならない。


ルナさんが特等席を狙ってやってきました
IMG_5736.jpg



ケンヤさんに言われました。

「選挙じゃないんだから、10人のうち6人以上ファンになってもらう必要なんかないのよ。10人のうち一人でも二人でもファンができたら上出来だべさ。その人らがまた新しいファンを作ってくれるんだよ」と。
好きと言う人がいたら必ず嫌いという人が同じ数だけいるものです。絶対に嫌いだ!という人がね。その人を納得させようと時間をかけるのはまさに時間の無駄です。気にしてたら進めなくなっちゃう。

分かりますか?

あなたですよ♪

あなたにこそ、聞いたもらいたいな〜〜このCD♪(謎)




.
posted by 月じじ at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

中川こうじ写真展終了しました


415-0.jpg


延べ8日間にわたる中川こうじ「のらねこ。」写真展が昨日をもちまして無事終了いたしました。「集い処 えん」さん、「Cafe &Pet Salon みゅうのいえ」さん、両会場に足を運ばれました皆様、熱く御礼申し上げます。また、遠くからお手伝いに来てくれた友人たち、そして札幌の仲間たち、さらにバザーで大いに盛り上げてくださったダイアナさんをはじめ、本当にたくさんの方に助けられました。本当にありがとうございます。

特に、この写真展のために大変な準備をしてくださり、神戸から札幌までお越し下さった中川こうじさんにはお礼の言葉をいくつ重ねてもたりないくらい御世話になりました。感謝です。また、気持ち良く会場を使わせてくれた「集い処 えん」の斉数さん、「Cafe &Pet Salon みゅうのいえ」の折戸さん、心よりお礼申し上げます。

中川こうじさんの活動をご支援したい! そう思っての写真展でしたが、結果的にはご支援を受けたのはこちら側だったのでは?と反省しきりです。でも、この写真展を通じてたくさんの出会いがあり、懐かしい仲間との再会があり、中川さんに会いたいという方々との出会いの場にもなったことはささやかな収穫だったかな?と思います。

そして一番肝心な「のらねこ」がいるんだという事実、彼らの生き様、こういう現実が今なんだということを少しでも多くの方に知ってもらうことができたのではないでしょうか。かつて共に暮らしていた愛猫のことを思い出し、懐かしがったり愛おしい存在を身近に感じたり、それぞれの人と猫の架け橋にもなり得たことは、猫好きな我々にとっては望外の幸せでありました。



改めて、心よりお礼を申し上げます。




ありがとうございました!


kinen.jpg
         中川こうじさん       藤原ひでじろう



.
posted by 月じじ at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

のらねこ写真展パート1、終了


IMG_in.jpg

「集い処 えん」さんでの中川こうじ『のらねこ。』写真展が無事、終了いたしました。ご来場くださいました皆さまに心よりお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
このあと、13日から「カフェ&ペットサロン みゅうのいえ」さんにて写真展パート2を開催いたします。こちらは13〜14日の二日間だけの開催となりますので、今回見逃してしまった方は今から忘れないようメモしておきましょう♪



IMG_5642.jpg

6日間にわたる写真展。とっても印象深いお客様がおりました。
歩くのもやっと、普段は家を出たことがないというおばあさん。準備をしていた開催前日にチラシに載っている私の携帯に電話をくださり、会場にはどう行くのか?と尋ねてこられました。えんさんのご主人に電話を変わってもらったけど、結局ご主人が地下鉄の駅まで迎えに行って連れてきてくださいました。



IMG_5644.jpg

会場についてしばらく写真を見ていたおばあさんが、1枚の写真の前で立ち止まり、何かつぶやきながら写真を撫でるのです。事情を聞くと以前飼っていた猫によく似ているとのこと。まーちゃんというそのニャンコはなんと30数年前に亡くなった子だというのです。まーちゃんに似た子のポストカードを探しながら、思い出を語ってくださり、聞いている私とKさんは涙を堪えるのに必死。何か言おうとすると涙が溢れそうで、何度も飲み込んでは少しずつお話を聞かせてもらいました。帰り際にも展示した写真をなでさすり、「まーちゃん、まーちゃん」と涙声で呼びかけてから、やっと吹っ切れたように背筋をのばし、挨拶をしておかえりになりました。もちろん、帰りもえんさんのご主人が送っていかれました。



IMG_5643.jpg

すぐ近くだから写真を見にきたという真っ白い頭をしたおばあさん。ポストカードや写真を何枚も買い、それからかほるちゃんの彫ったゴムハンコを見て、「これもください!」と大喜びでハンコを手にしたものの、もう手持ちのお金は小銭ばかり。途方にくれているおばあさんに「お近くなら今度通りかかった時にでもお店に預けてくださればよろしいですよ」とお声をかけました。
「明日、必ず、ちゃんと持ってきます!絶対持ってきますね」
そう言ってたくさんのグッズを抱えて喜んで帰っていきました。そして約束通り、翌日に我々の元へ残金を持ってきてくださいました。お金の額とかではなくて、なんか心が通じ合ったようなほっこりした気分にさせていただきました。



IMG_5645.jpg

ご年配のご婦人が、しっぽの会のブログで見て来ました、と写真展に来てくださいました。
どうぞどうぞ、ごゆっくりご覧になっていってください。
そうお声をかけて、在庫チェックをしていたらご婦人が逃げるように駆け出していったので、あわててお声をかけました。振り返ったその目には涙をいっぱい浮かべ、声にならない声で「もうこれ以上見るに忍びなくて…」という身振りで階段を降りていかれました。どの写真までごらんになっていたか、確認はしておりませんが、猫たちの生き様が何かを思い出させたのかもしれませんね。



IMG_5638-2.jpg

懐かしい方が来てくださったり、えんさんのお客様が立ち寄ってくださったり、また、サプライズのような訪問もありました。なんと我が家から里子として兄弟猫を迎えてくださった里親さまの息子さんが「最終日にようやく間に合いました」と言って来てくださり、階下に降りてえんさんでスイーツをたくさん食べていきました。わざわざ休みをとってまで来てくださる、その気持ちがありがたいです。嬉しかったです。本当にありがとうございました。

1枚1枚の写真の猫たちのドラマをすべて聞いたわけではありませんが、何枚か気になる写真のエピソードを尋ねると気さくに教えてくださる中川さんのお人柄にも感激しました。でも、話を聞くたびにみんな号泣してしまうのにはまいりました。ほとんど毎日泣いていたような気がします。飼っていた猫と似ている!といって思い出話を聞かせてもらうたびにもらい泣きをし、中川さんにこの子たちの現在を聞いては胸にグサッと何かが突き刺さったまま抜けなくて・・・・(;;)。

まだまだ完全に終わったわけではありません。
金曜日からパート2がスタートします。
がんばらなきゃ!



IMG_5646.jpg

あらためて、
今回の写真展にてたくさんのお買い物をしてくださった皆様。本当にありがとうございます。
そして、さまざまな形で支援、応援、お手伝いをしてくださった皆様、感謝感謝大感謝です。
そして我が愛すべき仲間=徳島&埼玉&茨城のおばちゃんたち! サンキューベリマッチだべ!
最後に、会場を提供してくれて毎日我々のお腹を満たしてくれた「集い処 えん」の斉数ご夫妻。
本当に本当にありがとうございました。お礼のブッチュ♪はいらないって言われたけどいつか狙ってやりましょ♪



.
posted by 月じじ at 23:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のらねこ写真展こぼれ話 vol.1


4月にお誕生日を迎えるたぽん・こうじくん・しょーこちゃん♪
サプライズ・バースデイケーキでお祝いをしました♪
birthday.jpg




2011年と12年に中川こうじさんの写真展を開催したしっぽの会の代表様がいらしてくださいました。懐かしい話に花が咲いたようです♪
IMG_5611.jpg




本州からかけつけたお手伝い(あんまりしてないような気もするけど)チームと札幌組(ものすごくお世話になりました!)とみんなで記念撮影です。パチリ♪
0407.jpg
あ! 写真を撮ってくれたのは「猫の実。」代表のアンさんです♪



一番の功労者=Kさんが中川さんから素敵な色紙を書いてもらい、メッセージを読んで大号泣!周りにいたみんなもその涙をもらってしまいました(;;)
k.jpg
写真公開は了承を得ております。



お会いするまではどんな方だろう? 気難しそうな気もするし、体調は大丈夫だろうか?エトセトラエトセトラ…と心配しましたが、中川こうじさんはとってもチャーミングなおじさまでした。寡黙でとても姿勢が良くていかにもカメラマンだべさ!といった雰囲気の第一印象は、ほんの数時間であっさり崩れ、どんどん陽気な関西のおっさんの地が出て来てとっても楽しい方でした。

もっともっとバラしたいんだけど、まぁご本人のキャラを維持したいという思いを尊重して多くを語るのはやめておきましょう。ずいぶん語ってしまったけど(汗)。ただ、北海道の良さをたくさん褒めてくれたこと、札幌の仲間たちのことを大好きになりました♪と言ってくれたこと、いろいろカルチャーショックもあったけど(ほとんどが徳島とか埼玉とか茨城の方たちの爆裂パワーにやられていた?)、このたびの写真展はとっても素晴らしいですとお褒めをいただきました。ありがとうございます!

展示した写真には当然のことですがそこに登場する猫たちのドラマが凝縮されています。撮影したご本人から写真だけではわからない猫たちのドラマを聞いてはみんな号泣、どの子にも壮絶なドラマがあり、ハッピーなドラマがあり、波乱万丈な生きざまが映し出された写真なのだと改めて知らされました。

千歳空港まで送って行き、搭乗口へ行こうとしたら、「ぼくは別なところから乗ります」といって、VIPしか入れない なんたらラウンジとかいうドアへ・・・。ドアの前で「さっきみんなとハグ♪してきたから、ジジさんもハグ♪」と両手を広げて来たので「イヤです!」ときっぱり!!! 一瞬、目が点になりその後二人で大爆笑。だって、おっちゃんとじーさんがハグしてたら気持ち悪がられるべさ?

なんか、私もメールのやりとりではずっと紳士を演じてたけど本州組にあっさり本性を暴露され、そのノリで中川さんもすっかり・・・・・おっといけない! またよけいなことを語ってしまうところだったわ(汗)



.
posted by 月じじ at 00:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする