2020年01月17日

Booo動物病院閉院



いつもウチの子たちがお世話になっている動物病院からハガキが届きました。あれ?今の時期、誰もワクチン接種の時期ではないしな?と思って読んでみるといきなり「当院院長急逝のため、閉院いたします〜」と・・・・。

え?
なにそれ?
いや、だって!そんな!!!!!

まだまだお若い先生です。
シャイだし、一見無愛想ですが、腕は確かです。
我々は絶大なる信頼を寄せていました。
生後2ヶ月のぴっぴの開腹手術をして腸の半分切り取って命を救ってくれた先生です。なによりも患者(ペット)思いの先生でした。ペットにも飼い主にも愛想良く話しかけるような人ではなく、どちらかというと飼い主に話しかけるのは苦手な先生だったので、おかしな評判がたっていたのでしょう。

院内には7〜8匹の犬と猫が飼われていて、きけば玄関前に捨てられていたとか飼い主がわからないけどけがをしていたから連れてきたとか、そんな子たちを育てていました。本当に犬や猫を愛していました。

悪くいう人もいたけど、私たちは大好きでした。信頼していました。
ウチの子たち7匹を診察してくださった先生。理由はわかりませんが、どうぞ安らかにお休みください。今頃、虹の橋のたもとは大パーティーかもしれませんね。いったいどれほどの犬猫が命を救われ、看取られ、愛されたことか。


booo.jpg

心よりお悔やみ申し上げます。

そして、
本当にありがとうございました。

        合掌



.


posted by 月じじ at 21:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お若いんですね、残念ですね(>_<)。
ご冥福をお祈りします。
最近は若い人も急に亡くなる人がいてこわいですね。

院内で飼われていたコたちはもらわれていったのかなぁ。

Posted by マシロ at 2020年02月09日 22:01
我々もそれが心配だったのですが、おそらくはスタッフの皆様をはじめ、プロたちがたくさんいますのでちゃんと新しい暮らしを始めていると思います。閉院してからしばらくはずっと誰かが院内にいらっしゃるようでしたよ。
Posted by GG at 2020年02月09日 22:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。